たなたなのやきゅぶろ!!

オリジナルチームの情報はもちろん、作成した応援歌も順次投稿する予定です!

【選手紹介】TeNKUシーウィングス #1 戸部 晴香【パワプロ2020】

TeNKUシーウィングスの選手紹介、続いては、戸部晴香選手です!

f:id:dentono_tana:20210809225214j:imagef:id:dentono_tana:20210809225219j:imagef:id:dentono_tana:20210809225222j:imagef:id:dentono_tana:20210809225227j:image

  • 戸部 晴香(とべ はるか)
  • ポジション…遊撃手、一塁手
  • 投打…右投右打
  • 背番号…44(2018〜2020)→1(2021〜)

パワナンバー11900 91876 37261

※設定等は全てフィクションです

2017年のドラフト4位で入団。

高校通算44本の本塁打を放ち、その長打力から地元では「ハマの空飛ぶ長距離砲」と呼ばれていた。*1

1年目から代打の切り札として活躍し、2年目には途中出場ながら1試合4打点を記録した試合があった。

3年目になるとさらに才能が開花し、DH制のある試合でスタメン出場が増加。打率は2割前半と振るわなかったが、6本の本塁打を記録した。

今季から監督からの期待を込めて背番号を「1」に変更。

今季の目標を聞くと「去年は打率であまり結果を残せなかったので、今年は2割後半… いや、3割目指します!」とのこと。

次期主将が有力視されている彼女のさらなる飛躍に期待。

選手としての特徴

キャプテンも興奮するほど大絶賛する右の大砲。

監督も「数年後にはクリーンナップに入ってると思う。」と話しており、首脳陣からの評価も高い。

高校時代に世界大会で優勝した経験があり、国際大会◯が付いている。

人物

「晴香」という名前は飛行機マニアの父が「青空を遥か高く飛んで羽ばたけるような名前にしたい」と呟いた際に、キャビンアテンダントの経験がある母が「はるかって名前にしよう」と考案したのがきっかけ。(苗字が戸部(飛べ)なのは偶然。)*2

プロ入り前から髙宮汰菜を憧れの選手として挙げており、同僚になった現在は大の親友かつ同じポジションを争うライバルである。

「TeNKUシーウィングス」というチーム名を考えたのは彼女である。(由来についてはこのページを参照。)

小学校の卒業文集に「いつか背中に羽をつけて青空を駆け巡りたい」と書くほど青空好きであり、青空の話になると熱く語り出して止まらなくなる。*3

地元神奈川出身で、ベイスターズの熱狂的なファンである。ちなみにベイスターズの話になっても(以下略)

3歳年上の兄がいる。しかし兄は野球よりもサッカー派だという。

兄の影響でアニメが大好き。登場曲もアニソン縛りである。*4

*1:当初の背番号である「44」はここから来ている。

*2:2021年から採用された個別応援歌にも「飛べ!遥か高く」という歌詞があり、自身の名前が引用されている。

*3:ちなみに雨だと降り方にもよるがかなり機嫌が悪くなるらしい。

*4:そのうちのひとつはfhánaの「青空のラプソディ」。1年目から使用しており、最も使用期間が長い。