たなたなのやきゅぶろ!!

オリジナルチームの情報はもちろん、作成した応援歌も順次投稿する予定です!

【選手紹介】TeNKUシーウィングス #20 榊原 蓮【パワプロ2020】

TeNKUシーウィングスの選手紹介、続いては、榊原蓮投手です!

f:id:dentono_tana:20210819172300j:imagef:id:dentono_tana:20210819172306j:imagef:id:dentono_tana:20210819172312j:imagef:id:dentono_tana:20210819172317j:imagef:id:dentono_tana:20210819172322j:image

  • 榊原 蓮(さかきばら れん)
  • ポジション…投手
  • 投打…右投右打
  • 背番号…20(2011〜)

パワナンバー11700 31900 99950

※設定等は全てフィクションです

2010年ドラフト4位で入団。

1年目から背番号「20」を背負い、2年目には54試合に登板。後にチームメイトになる田中倫弥最優秀中継ぎ投手のタイトル争いを繰り広げた。

3年目にはさらに登板数が増加し、球団最多記録となるシーズン68試合に登板した。

7年目までこちらも球団最多記録となる6年連続50試合以上に登板した。

このまま順調に行くかと思われた8年目、ベースカバーに入った際にバッターランナーと交錯するアクシデントが発生。結果は守備妨害でアウトになったが、左足を骨折する大怪我をしてしまい、翌年もリハビリに専念していたため、1軍どころか2軍でも投げることができなかった。

10年目に2軍戦で実戦復帰を果たしたが、以前のような球のキレが無くなってしまい、ノックアウトされる試合が増えた。

本人が「これで最後かもしれない」と語っていた11年目の今季は、全盛期の輝きを取り戻し、再び1軍のマウンドに上がることはできるか。

選手としての特徴

全盛期は150km/h後半の直球とキレのある変化球を自在に使い分けるリリーバーだった。