たなたなのやきゅぶろ!!

オリジナルチームの情報はもちろん、作成した応援歌も順次投稿する予定です!

【息抜き企画】第1回?シーウィングスオーペナサバイバル!

今日は選手個別記事の投稿はお休みになります。

ですが、その代わりにオーペナを回しながら何かできないかと考え、勝手にシーウィングスの2021年メンバーで誰が長く現役を続けられるかという企画、題して「第1回?シーウィングスオーペナサバイバル!」を個人で開催しました!

ざっくりルール

  1. プレイヤーはシーウィングスではない別のチームを操作し、所属選手の退団や新人選手の入団等は全てCOMに任せる。
  2. COMが決めた設定で明らかに引っかかる場合*1はこっちで容赦なく変更する。
  3. 最後まで残った2021年メンバーが勝利。

※選手の呼び方について、自分は普段シーウィングスの選手のことを「◯◯さん」、「◯◯くん」「◯◯ちゃん」などと呼んでいますが、この記事ではあえてほとんど敬称略で呼びます。また時々選手紹介をする場面がありますが、どの選手も2021年現在の立場で紹介します。

早速シーズンごとに誰が退団してしまったのか見てみましょう!

…投手

…捕手

内野手

…外野手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この先は結果を次々と表示します。ゆっくりスクロール推奨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年

引退…田中倫大月

戦力外…榊原ペレス池内庄司押切

計7人

14年目のベテラン・田中倫と、創設時からの最後の生え抜きメンバー・大月が揃って引退。

また「ミスター100マイル」ことペレスや、トレード移籍1年目の池内ら5投手が戦力外となり、波乱の幕開けとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年

引退…

戦力外…フレッチャ増永

契約切れ…エリクソン

計4人

ベテラン守備職人・山北が引退。

さらにはセットアッパーのフレッチャー、豪速球右腕の増永が戦力外。

カナダ出身の中距離砲・エリクソンも契約切れで退団。

大物が引退、退団していく中で、日本人選手でただ1人戦力外となった増永にとっては少し可哀想な形でチームを去ることになった。

ちなみにこの辺まではほぼ想定内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023年

戦力外…土橋赤沼ハミルトン

トレード移籍…二見

計4人

この年は引退した選手はいなかったが、育成の星・土橋、未完の左のエース・赤沼、助っ人左腕・ハミルトンが戦力外に。

二見はシーズン途中にトレード移籍し退団した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年

引退…鈴野

戦力外…ホ--ズ本庄兼平橋詰

トレード移籍…白浜

計7人

俊足BIG4の1人、鈴野が引退。

クリーンナップの一員であるホーズが戦力外となり、これによって2021年メンバーの助っ人外国人が全滅した。

日本人選手では塚本、本庄、兼平のベテラン3人と、隠れユーティリティーの橋詰が戦力外。

期待のドラフト1位・白浜はこの年でトレード移籍した。

また、シーウィングス初代監督の田殿太那監督が、オーペナ4年間でAクラスに3度導くも、この年限りでまさかの退任となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2025年

戦力外…吉松中西

計2人

この年も2年前と同じく引退した選手はいなかったが、変則フォームで投げ込む吉松、中西両投手が戦力外に。

2人とももうちょっと行けると思うんだけどなぁ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2026年

引退…長峰

戦力外…金山福富

計4人

クリーンナップの1人である長峰が引退、おまけに守護神の金山と左のワンポイントの福富が戦力外に。

ドラフト8位で入団した相馬は、2021年入団の生え抜き選手の戦力外第1号に。

この辺から2021年シーウィングスを象徴する選手が続々といなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2027年

引退…若井

戦力外…藤代片桐

計3人

シーウィングスの正捕手・若井が引退し、2021年メンバーの開幕1軍捕手が全滅した。

さらには俊足BIG4の1人の藤代、自分の想定では守護神候補になっているはずの片桐が戦力外に。

これがCOMの恐ろしさなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2028年

引退…今里

戦力外…内田阿藤早坂

計4人

中継ぎエース・今里が引退。

オーペナで何年かゴールデングラブ賞を受賞していた内田、この年で23年目になる阿藤、打てる投手・早坂をこのタイミングで戦力外に。

なぜ実績のある大物を戦力外という形で切ってしまうのか。

ちなみに自分の中では阿藤は引退という形で選手を辞め、打撃コーチに転身する設定にするつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2029年

引退…川尻笠間

戦力外…溝口芳賀人吉佐貫

計6人

ヘッスラが代名詞の川尻、左のリリーフ投手・笠間が引退。

戦力外は5度目の投手のみで、ローテ候補の芳賀もこの年で戦力外に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2030年

戦力外…勝浦安竹西

計3人

10年目を迎えて最初の戦力外は、まさかの超俊足選手・勝浦。安竹、西崎の両若手選手とともに、チームを去っていった。

ちなみにキャプテンの髙宮汰菜はこの年まで10年連続30本塁打を記録しました。人間卒業ですね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2031年

戦力外…平子下館飯島石上

計4人

隠れたリリーフ投手である平子、真の左の中継ぎエースを目指す下館、真の左のエースを目指す飯島という3人の左腕と、超強肩捕手の石上がこの年で戦力外に。そしてなんとこの時点でシーウィングス初年度に入団した生え抜き投手が全滅。

残りは既に半分は切っていて、男女混合チームというシーウィングスにとっては一番大事なものが徐々に失ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2032年

引退…松澤

戦力外…横手

計5人

俊足BIG4最後の1人である上尾、オーペナでは自称スナイパーからパワー型の選手に成長した浦川の幼馴染2人が仲良く引退。*22軍の正捕手である松澤もこの年で引退した。

ドラフト4位ルーキーの堀越、人的補償で加入した変則サイドスロー・横手もこの年で戦力外となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2033年

引退…米村

戦力外…杉江小谷野木

計4人

チームのバント職人・米村が引退。

右の大砲候補である杉江と、ついにエースの小谷、スローボーラーの野木が戦力外に。

ちょうどこれで2021年メンバーは残り10人となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2034年

引退…猪瀬須黒

戦力外…新垣

計3人

ドラフト3位の猪瀬、ドラフト5位の須黒が引退し、ドラフト2位の新垣が戦力外に。

2021年入団組の3人が同時にチームを去った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2035年

戦力外…戸部

計2人

2021年では捕手陣最年少の坂根と、なんとチーム名発案者で次期主将候補の戸部が戦力外に。

これで2021年メンバーの捕手が全滅しました。

ちなみに戸部は金特の「代打の神様」を取得していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2036年

引退…牛久保

計2人

ついに、キャプテンが力尽きた。

プロ通算22年で毎年ホームランを放った背番号「7」が引退した。

最後の引退試合ではホームラン締めをしたのか、笑顔でセレモニーを終えることはできたのか、そして、背番号「7」は永久欠番(もしくは準永久欠番)になっているのか…

…おっと、脱線してしまいました。

こんな感じで髙宮が引退しました。牛久保も引退しました。2021年メンバーの外野手が全滅しました。星天サニーズ時代から現役を続ける生え抜き野手もいなくなりました。ちなみに戦力外はいません。以上!(かなり衝撃)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2037年

戦力外…岩岡

計1人

キャプテンが引退し、残り3人となったこのサバイバル。この年は金髪右腕・岩岡輝ただ1人戦力外となり、星天サニーズ時代から現役を続ける生え抜き選手が全滅した。

これで、2019年ドラフト1位の稲倉亮真と、ゲーム上最後の生え抜き女性選手で、2020年ドラフト6位の尾高桜良の一騎討ちとなった。果たして勝つのはどっちだ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2038年

引退…稲倉

計1人

先にチームを去ったのは… 稲倉だった。

2021年メンバーから野手が全滅し、さらにはシーウィングス初年度に入団した生え抜き選手も全滅した。残るは尾高ただ1人。果たして何年まで現役を続けられるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2039年

引退…尾高桜

計1人

そう思っていたが、この年限りで引退。これで2021年メンバー全員がチームを退団し、19年間のサバイバルに幕を閉じたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

結果は、尾高桜良投手が2021年メンバーで1番長く現役を続けたという結果に終わりました!

本当に第2回をやるかはまだ未定ですが、時間に余裕ができたらまたやってみようと考えています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この上は結果を表示しています。ネタバレが嫌な方は再ロード等でページの先頭に戻ることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:新入団選手で球団番号(準永久欠番)の「14」を付ける選手がいる等

*2:ちなみに上尾、浦川両選手の能力が衰えるタイミングもほぼ同じで、ここでも仲の良さを証明してくれました。