たなたなのやきゅぶろ!!

オリジナルチームの情報はもちろん、作成した応援歌も順次投稿する予定です!

【選手紹介】TeNKUシーウィングス #5 浦川 五希【パワプロ2020】

TeNKUシーウィングスの選手紹介、続いては、浦川五希選手です!

f:id:dentono_tana:20210927172926j:imagef:id:dentono_tana:20210927172930j:imagef:id:dentono_tana:20210927172933j:imagef:id:dentono_tana:20210927172936j:image

  • 浦川 五希(うらかわ いつき)
  • ポジション…左翼手(捕手)
  • 投打…右投右打
  • 背番号…5(2017〜)

パワナンバー11100 82076 27819

※設定等は全てフィクションです

2016年のドラフト1位で入団。

当初は「外野もできる打てる捕手」として入団したが、当時の1軍捕手では大月雅伸塚本輔らが台頭しており、最初の2年間は数試合の出場のみに終わった。

2年目の終盤のある日、当時の監督から「五希は打撃に優れている選手だから、捕手よりも外野なら持ち味のパンチ力だったり、肩の強さだったり、君の良い所が活かせるかもしれないぞ?」と、翌年からの外野手コンバートを打診された。最初はあまり慣れないポジションへの転向に不安があり断っていた*1が、たまたまテレビで流れていたドラフト候補の特集で、当時社会人野球で遊撃手兼外野手としてプレーしていた幼馴染の上尾純の活躍*2を見て刺激を受け、翌年から外野手として勝負することを決意した。

3年目も開幕は2軍で迎えたが、監督の言葉通り眠っていた打撃の才能が一気に開花。夏場には初めて「6番・レフト」として1軍初スタメンを勝ち取った。この年の9月に初本塁打を記録すると、以降はチーム事情で1軍と2軍を行き来しながらも、打撃だけではなく、足や守備でもファンを魅了した。

5年目を迎える今季も2軍スタートとなってしまったが、レギュラー獲得の可能性はまだ十分にあるだろう。

選手としての特徴

前述のように現在は外野手登録だが、いつでも捕手としても出られるようにとミットと防具は常に持参しているという。

人物

愛称は「いっつー」。

主に後輩や年下のチームメイトに対して「◯◯っち」とあだ名をつけて呼んでいるが、例外として髙宮汰菜のことを「たなたな」*3、幼馴染の純のことを「じゅんじゅん」と呼んでいる。

背番号の「5」は名前の「五希」から来ているのではとよく言われている様だが、本人曰く監督から提示された番号がたまたま「5」だったとのこと。ちなみに五希は本名である。

自称スナイパーで拳銃好きという少し変わった趣味の持ち主。*4きっかけは当時小5から小6の頃にハマっていた「ブラックラグーン」。登場人物のレヴィに似ているとよく言われるらしく、ものまねも上手い。*5

純のプロ入り後、球団のとある雑誌で「入寮するための持ち物を持って行くときに、銃が好きすぎるあまりおもちゃの銃を寮に持ち込もうとしてたけど、練習できなくなるからすぐに取り上げたって五希のお母さんから聞いたよ。まあ僕も最初から止めるつもりだったけどね。(笑)」と、入寮までの裏話が暴露されている。

*1:実際に幼い頃から捕手一筋でプレーしており、外野を守り始めたのは中学を卒業する少し前からだった。

*2:当時から遊撃手と外野手をこなすリードオフマンとして大活躍していた。ちなみにこの年のドラフトで純は単独1位指名されている。またこのときのインタビューで五希本人について話す場面もあったという。

*3:「たー坊」と呼ぶことも。

*4:もし野球選手になれなかったら本物のスナイパーになりたかったらしい。

*5:ある年のファンフェスタの仮装コーナーで、衣装まで揃えて完コピしたことがあるが、ジェネレーションギャップのせいからか伝わった人が少なかった。ちなみにタトゥーの部分は誰かにシールで貼ってもらったらしい。